NEWS

更新日:2019.02.19 / MEDIA

【板垣瑞生】映画「初恋ロスタイム」主演決定!

板垣瑞生が、2019年9月全国ロードショーの映画「初恋ロスタイム」にて、映画初主演をつとめることが発表されました。
 
同作は、2016年に刊行された仁科裕貴さんによる同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)の実写映画化。KADOKAWA配給にて今秋9月公開。監督は、かつて相米慎二監督や黒木和雄監督、崔洋一監督らのもとで助監督として経験を積み、『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)といった青春映画を数々手掛けてきた実力派で知られる河合勇人監督。
 
板垣は、物語の主人公・相葉考司を演じ、幼い頃母親を病で亡くした経験から「世の中には頑張っても無駄なことがある」ことを早くに知ってしまい、諦め癖のついた無気力な日々を送る浪人生という役柄。
 

■板垣瑞生 コメント
今の時代、好きなものに全力になったり、必死になることってダサいな、だから頑張っても…そんな風に思って頑張る勇気が出ない人がたくさんいると思います。でもこの映画を見て、少しでも今この現実に向き合おうなど…元気が出てもらえればと思います!!そして、新しい恋愛作品にもなってます!時間が止まる中での恋愛ーこれだけ聞いてもさっぱりかもしれませんが、時間が止まる世界って結構夢だったので、映画を通してその世界を追体験してもらえると嬉しいです。

 

 


 

 

<STORY>
主人公の浪人生・相葉孝司(板垣瑞生)は、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。
時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった―。
 

<CAST>
板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真

監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA

© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会